頻尿・尿漏れに効くおすすめ漢方医薬品、生漢煎とは

Pocket

なみ

夜間尿・残尿感・尿漏れに効く、
第2類医薬品 生漢煎 八味地黄丸
ご存知でしょうか?

○「生漢煎 八味地黄丸」(はちみじおうがん)は,
中高年の方の体力の衰えや、
老化による腰痛、残尿感、夜間頻尿、
軽い尿漏れ
などによく効きます。

八味地黄丸「オオクサ」は、
8種類の生薬末をハチミツで練り合わせた丸剤で、
独特な香味を持ち大変のみやすくなっています。

○高血圧に伴う肩こり、頭重、耳鳴りにも適しています。

八味地黄丸」は、体を温め、体全体の機能低下に元に戻していく処方です。
「気」「血」「水」 を増やし、めぐらせる生薬と、体を温める生薬の組み合わせで、
頻尿や軽い尿もれ、残尿感、 夜間尿などを改善していきます。

また、「腎気丸(じんきがん)」の別名があるように、
昔から“腎虚(じんきょ)”に対して用いられてきました。

漢方でいう腎とは、現代医学でいう腎臓だけでなく、
副腎、膀胱、そして生殖器 を含めた総称です。

八味地黄丸」は、腎のはたらきを良くする生薬を
主薬に8種類の生薬が 配合され、新陳代謝機能を高めて
中年以降の保健薬・治療薬として効果があります。

なので、こんなお悩みのある方におすすめです!

頻尿(尿意が我慢できなくなった)
残尿感(残っている感じがする)
排尿困難(排尿に時間がかかる)
夜間尿(夜トイレに起きる)
軽い尿漏れ(クシャミするのがこわい)
・高齢者のかすみ目(かすんで見えにくい)
腰痛(腰が痛い)
下肢通(足が痛い)



排尿のしくみについて

体内の余った水分や不要な老廃物は、腎臓でろ過されて膀胱にたまります。
膀胱は、300~500mLの水分を蓄えることができますが、ふだんは尿道がバルブのように締まっているため、もれることはありません。膀胱がいっぱいになると、その刺激が脳に伝えられ「尿を出したい」という感覚が生じます。そしてトイレに行き、脳が「尿を出してもいいですよ」という命令を出すと、尿道を締めるバルブの役割をしていた筋肉がゆるみ、膀胱にたまっていた尿が排泄されます。
健康な大人であれば、1回の排尿量は150~200mLくらいで、朝起きてから寝るまでに5~6回程度排尿します。水分のとり過ぎや不足、アルコールや薬剤の影響などによって、この量と回数は一時的に変化することもあります。

漢方薬での尿トラブルの治し方

西洋医学では、膀胱炎に対しては抗菌剤や抗炎症剤を使い、菌を殺すとともに炎症を抑える治療をします。また、頻尿には尿を出にくくする薬を、尿量減少には尿を出やすくする薬を使うのが一般的です。

漢方では、頻尿や尿もれといった表面的な症状ではなく、その原因にはたらきかける治療をします。同じ薬で、頻尿にも尿量減少にも対応できるのはそのためです。

排尿の際に痛みのない、体の機能低下による尿トラブルは、「気」「血(けつ)」「水(すい)」のもとになるものが、加齢や病気、出産などで不足したためと考えます。この場合は、「気」「血(けつ)」「水(すい)」を補い、めぐらせるような治療をします。

なな

尿に対するこんな悩みを抱えています。

尿に対するこんな悩みを抱えています

なぜ尿トラブルは起こってしまうの?

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

夜間尿・残尿感・尿漏れに効く医薬品【生漢煎 八味地黄丸】

生漢煎 八味地黄丸が選ばれる3つの理由

生漢煎、八味地黄丸は腎のはたらきを良くする生薬を主薬に8種類の生薬が
配合され、新陳代謝機能を高めて中年以降の保健薬・治療薬として効果があります。

八味地黄丸は、ジオウ、サンシュ、サンヤク、タクシャ、ブクリョウ、ボタンビ
ケイヒ、ブシ末の8種類の生薬を配合しています。

生薬の詳細については、公益社団法人東京生薬協会のHPに記載されています。たとえば、ジオウ(地黄色)については下記のような内容です。

ジオウ( 地黄 )

名称 ジオウ( 地黄 ) 第十七改正日本薬局方 収載
別名 乾地黄、熟地黄
英名 Rehmannia Root
適応 漢方処方用薬:補精・強壮・止血作用があり、糖尿病、諸出血、貧血、便秘などを改善する薬方に配合される。

八味地黄丸の効果

「腎」の働きが衰えた高齢者に元気をつける

高齢者に用いられることが多い薬で、体力があまりなく、疲労や倦怠感が激しく、寒がりで特に手足や腰から下が冷え、夜間にトイレへ行くことが多いような人、のどが渇く人によく用いられます。漢方では、これらは「五臓」※の「腎」の働きが低下した「腎虚」による症状ととらえ、「腎」を元気にして改善をはかります。
頻尿・夜間頻尿、排尿困難、残尿感、軽い尿漏れ、腰痛、しびれ、かすみ目など、老化にともなう症状に用いられます。

八味地黄丸の配合生薬

地黄(ジオウ)、 山茱萸(サンシュユ)、山薬(サンヤク)、沢瀉(タクシャ)、茯苓(ブクリョウ)、牡丹皮(ボタンピ)、桂皮(ケイヒ)、附子末(ブシマツ)の8種類が配合されています。

「八味地黄丸」は、漢方の古典といわれる中国の医書「金匱要略(キンキヨウリャク)」に収載された薬方です。頻尿、排尿困難、老人のかすみ目、下肢痛などの症状に効果があります。

中高年経営者が本当に頼るクスリとは

以下、あのプレジデントオンライン
掲載された記事の引用です。ご参考までに。

日本人は非常に健康に気を使う国民といえる。
メタボ対策ブーム以降、食事やサプリメント、
適度な運動など世界に類をみないほど、情報があふれている。

では、時間がなくハイストレスに
さらされている経営者たちは、実際にどのように
健康対策をしているのだろうか。そこで編集部が
多くの企業経営者たちに聞いたところ、
まずはウオーキングや食事など通り一遍の答えが返ってきた。

しかし「本当は何をしていますか」と
重ねて問いただしていくと、「いや実はね……」と
何人もの経営者が“恥ずかしそうに”答えるのが
「八味地黄丸」という漢方薬だ。

なぜ“恥ずかしそう“なのかというと、
この漢方薬は、夜間尿(深夜にトイレに起きること)や
頻尿、尿切れの悪さなど、尿トラブルの解消を前面に
押し出して販売されている薬だからだ。

確かに八味地黄丸は、飲むとまず尿トラブルが
改善した効果を実感するそうだが、それだけではない。

加齢による疲れやすさ、目がかすみ、手足のしびれ、
皮膚のかゆみ、体全体がだるい、という老化現象に対して
広範に威力を発揮。全身が徐々に若々しくなって
いくことを実感するのだという。

八味地黄丸は漢方の薬方。漢方薬の考え方では、
人体の成長や生殖を「腎」といい、この腎が年齢とともに
機能低下してくる。これを補って新陳代謝を上げ、
体内に溜まった余分な水分を排出する……という
働きをしてくれる。

夜間尿・残尿感・尿漏れに効く(第2類医薬品)薬品生漢煎 八味地黄丸

○「生漢煎 八味地黄丸」(はちみじおうがん)は,中高年の方の体力の衰えや,老 化による腰痛,残尿感,夜間頻尿,軽い尿漏れなどによく効きます。

○八味地黄丸「オオクサ」は,8種類の生薬末をハチミツで練り合わせた丸剤で,独特な香味を持ち,大変のみやすくなっています。

○高血圧に伴う肩こり,頭重,耳鳴りにも適しています。




【生漢煎 八味地黄丸】

株式会社アインファーマシーズ(Ain Pharmaciez Inc.)

代表者:大石 美也
事業内容:保険調剤薬局、コスメ&ドラッグストアの経営、調剤薬局業界第一位。

本社・北海道支店:〒003-0005 北海道札幌市白石区東札幌5条2丁目4-30
TEL:011-814-1000(代表)
[ 交通アクセス ]
地下鉄東西線・・・「東札幌」駅1番出口より徒歩5分

運営店舗

・調剤薬局:処方箋調剤 アイン薬局
・処方箋調剤:今川薬局
・ドラッグストア アインズ(ainz)
・アインズ&トルペ(ainz&tulpe)(アインズ&トルペオンラインショップ)
・コスメティック専門店 トルペ(tulpe)
・Le trois(ル・トロワ) – 総合ビューティー複合ビル
・LIPS and HIPS Style Store(リップスアンドヒップススタイルストア)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加